腰痛

妊娠中に起こる腰痛の原因は?時期によって異なる腰痛の原因について解説します

笑顔の赤ちゃん

「妊娠中に起こる腰の痛みをなんとかしたい」「妊娠初期に腰痛が起こったけど原因は?」

妊娠中の腰痛に悩む方はとても多く、生活の支障になってしまうこともありますよね。また、痛み方によっては「もしかして流産・・・?」と、不安になってしまうことも。

結論から言うと、妊娠中に起こる腰痛はホルモンや重心の変化によるものがほとんど。流産の可能性は比較的低いです。しかし、万が一のこともあるため安心し過ぎも禁物です。

本記事では、

[box class="glay_box" title="ここにタイトル"]

  • 妊娠中に起こる腰痛の原因
  • 腰痛と流産の関係

[/box]

について解説します。ぜひ、ご覧ください。

妊娠初期・中期に起こる腰痛の原因は?

お腹を抑える妊婦

妊娠初期・中期に起こる腰痛の原因は、出産しやすい体になるために分泌されるホルモンが影響している可能性が高いです。

なぜなら分泌されるホルモンの影響によって、靭帯や関節が緩み負担が大きくなってしまうからです。

緩んだ靭帯や関節の代わりとして、腰回りの筋肉が使われるようになります。今まで以上の負荷がかかってしまった筋肉は徐々に悲鳴をあげ、腰痛を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

妊娠によって分泌されるホルモンには骨盤に血液を溜めてしまう作用もあるので、うっ血してしまい腰が重く感じることも。

また、妊娠中期に差し掛かると徐々にお腹が大きくなり、体の重心が前へと変わります。自然とバランスをとるために反り返った姿勢になりやすく、腰に更なる負担が…。

つまり妊娠初期・中期の腰痛の原因はホルモンと重心が変わったことによる影響が考えられるのです。

妊娠後期に起こる腰痛の原因は?

ゆりかご

妊娠後期に起こる腰痛の原因は、姿勢と体の変化。

繰り返しますが、お腹が大きくなるにつれ重心はどんどん前へと変わっていきます。妊娠後期では骨盤の傾きも強くなり、背中や腰にかかる負担はさらに増大。腰回りの筋肉への疲労は抜けづらくなってしまいます。

また、妊娠後期では子宮がみぞおちに近いところまで上がってくるので、お腹に力が入れづらくなってしまうことも。その結果、腰への負担がさらに強くなってしまいという悪循環に陥ってしまいます。

妊娠中は体重も増加していくため、普段腰痛がない方でもケア・サポートがとても大切です。

妊娠中に腰痛になったら流産の可能性はあるの?

妊娠後期の女性

妊娠中の腰痛が流産の兆候だということは実際にあります。しかし、可能性としては比較的低いと言われており過剰な心配は不要です。

妊娠初期での切迫流産の兆候としてあげられますが症状が腰痛のみの場合、切迫流産につながることはあまり無いと言えます。

しかし、腰痛と同時に下腹部の痛みを感じたり、少量でも出血が見られる際には切迫流産の可能性も考えられるため、早急に病院を受診しましょう。

妊娠中に起こる腰痛についてまとめ

妊娠中に腰痛が起こると、生活に支障が出てしまい、精神的にも不安を感じることもありますよね。妊娠中では、分泌されるホルモンにも体にも大きな変化があるので、その時々に合わせたケアやサポートが大切です。

腰痛と合わせて他の症状が現れた場合は自己診断をせず、病院を受診することも重要。自身の体の変化に目を向け、感じ取ってみましょう。

-腰痛
-