腰を痛がる女性

腰痛

生理前に腰痛になる原因は?腰痛の原因と対策について解説します

「生理前に腰痛になるのはなんで?」「もしも対策法があるなら知りたい」

生理前に腰痛になる方は意外と多く、その不快な症状は仕事や日常生活の妨げになってしまいます。どうせなら生理前の腰痛はなくなってほしいですよね。

結論から言うと、生理前の腰痛はお腹や腰回りの血液循環を改善するのがおすすめです。本記事では生理前の腰痛の原因や対策について解説していきます。

ぜひ、ご覧ください。

生理前の腰痛の原因は?筋肉を緊張させる物質が分泌される

生理痛に苦しむ女性

女性は生理の前になると子宮の内膜を剥がすための準備を始めます。次回の妊娠の可能性に備え、子宮内を子供ができる環境に整えるためです。

この際、子宮を収縮させるためにプロスタグランジンという物質が分泌。この物質こそが生理痛の原因でもあり、生理前の腰痛も引きおこします。

プロスタグランジンが分泌されることによって、子宮を収縮させるだけでなく、腰の筋肉も緊張させてしまうのです。筋肉が緊張した結果、血液循環が悪くなってしまう、痛みが出現。

これが生理前の腰痛の原因と言われています。

生理前の腰痛の対策方は?おすすめ対策法3選

お腹を抑える女性

ここからは生理前の腰痛の対策法を紹介します。ここで紹介する対策法が全て、腰の筋肉の血液循環を良くするために行います。

具体的には以下の3つです。

[box class="pink_box" title=""]

  • 腰やお腹を温める
  • ゆっくりストレッチする
  • 骨盤を整える

[/box]

ひとつずつ解説していきます。

腰やお腹を温める

お風呂

腰やお腹周りの温めることで、腰周辺の血液循環の促進を図ります。温める方法はおこないやすい方法で構いません。

一般的には方法は次のようなものが多いです。

[box class="glay_box" title=""]

  • ホッカイロ
  • 湯たんぽ
  • お風呂

[/box]

血液循環を良くすることによって、筋肉の緊張もほぐれやすく生理前の腰痛に悩んでいる方は積極的に取り入れたい方法です。

ゆっくりストレッチする

ストレッチする女性

生理前の腰痛があるときにゆっくりストレッチを行うこともおすすめです。生理前の腰痛は血液循環が悪くなり、筋肉が緊張している状態。

そのため、ストレッチを行うことによって血液循環の改善が図れます。

ストレッチのポイントはゆっくり行うこと。反動をつけてストレッチする方も多いですが、筋肉を痛めてしまう可能性があるため危険です。

できるならゆっくりストレッチを行いましょう。

骨盤を整える

腰のマッサージ

整体などで骨盤を整えることもおすすめです。骨盤が歪んでいる状態は、腰の筋肉をより緊張させてしまう可能性があります。そのため、骨盤を整えることによって、筋肉のバランスを正常にし、結果、生理前の痛みが緩和できるケースがあります。

骨盤の歪みは自分で整えることが難しいため、整体院や接骨院などで対処してもらいましょう。お金はかかりますが、自分で行うよりも遥かに効果が高く、良好な結果を得られることが多いです。

生理前の腰痛の原因についてまとめ

生理前の腰痛はプロスタグランジンという物質が筋肉を緊張させてしまうことが原因を言われています。そんため、本記事で紹介したセルフケアを実践し、筋肉をほぐすことが重要です。

また、整体院や接骨院を利用することもおすすめ。自分でなかなか対処できない場合は、積極的に利用しましょう。

-腰痛
-

Copyright© 【東村山】肩こりめまいなら整体院コツリバ|重症の肩こりからくる頭痛もお任せください , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.