ぎっくり腰

ぎっくり腰になったら整形外科と整骨院どっちに行くのが正解?

「ぎっくり腰になったら整骨院?」

「それとも整形外科に行けばいいのかな?」

日常生活で起こったケガや疾患を対応してくれる整骨院と整形外科。ぎっくり腰になった際にどちらに行った方が良いのか迷ってしまいますよね。

この記事を読むことで整骨院と整形外科のメリット・デメリットを把握し、自分に合った医療機関を選ぶ基準がわかりますよ。ぜひ、ご覧ください。

ぎっくり腰になったら整骨院?それとも整形外科?

ぎっくり腰になった場合、専門機関を選ぶ基準として、整骨院と整形外科のメリットとデメリットを解説していきます。

整形外科のメリットとデメリット

整形外科ではレントゲンが撮影できるため、強い痺れを伴うようなぎっくり腰の場合に選択するといいでしょう。

なぜなら、強い痺れを伴っている際にはレントゲンを撮って背骨の状況を確認する必要があるからです。

また、ぎっくり腰だと思っていたら別の疾患があった…なんてこともあるため整形外科であれば画像診断で発見できる可能性があります。

強い痛みに対処できる鎮痛薬の処方が可能でだったり、別の病院への紹介状も書いてくれたりします。様々な選択肢があるのが整形外科の利点ですね。

しかし、デメリットもあります。

整形外科は一般的に混んでいることが多く長時間待たされることもあるでしょう。

治療は薬や湿布や電気治療であることが多く、手技での治療がされない可能性があり骨盤の歪みや筋肉の緊張に対してのアプローチがケースも多いです。

整骨院のメリットとデメリット

整骨院では電気治療に合わせて手技での治療をしてくれるます。それによって、骨盤の歪みや姿勢の傾き、筋肉の緊張の緩和が期待できますね。

また、最近では完全予約制にしている店舗もあるため待ち時間が少ないメリットも。予約制であればカウンセリングや施術などにじっくり時間をかけてくれますよ。

デメリットは、レントゲンなど画像での診断ができないため正確な診断ができない点。

また、整骨院は病院ではないため薬の処方はできません。

ぎっくり腰は保険が適用になる?

整形外科・整骨院のどちらも保険を使って診療してもらうことができます。

注意点としては整骨院の場合、店舗によってはあえて保険診療をしていない店舗もあるため事前の確認することをおすすめします。

また、ぎっくり腰になって3ヶ月以上経過すると、腰の痛みと原因との因果関係が不明瞭になってしまうため保険適応は難しいかもしれません。

ぎっくり腰になったらできるだけ早めに受診するのがポイントですね。

保険が使えないぎっくり腰はあるの?

整形外科の場合、ほぼ全ての疾患で保険を使うことができます。もちろんどのようなぎっくり腰に対して保険は適応可能です。

しかし整骨院の場合、前述したように発症から3ヶ月程度経過したぎっくり腰に対しては保険が適応できない可能性があります

整骨院は「原因がはっきりしている疾患」であることが保険適応の条件であるため、3ヶ月経過するとその証明が難しく鳴ってしまうからです。

ちなみに原因がはっきりしていない慢性的な腰痛に対しても保険は使うことはできません。

整骨院に行く際にはこれらのことに十分注意しましょう。

まとめ

ぎっくり腰になった場合、症状が軽くても整骨院か整形外科での受診をおすすめします。

早期に治癒を目指すこと、そして再発を防止するためにもしっかりと治療を受けることが大切です。

整骨院と整形外科にはメリット・デメリットを把握した上で自身に合った施設を選びましょう。

東京都東村山周辺でぎっくり腰に悩んでいる方へ

ぎっくり腰に悩んでいる方はこちら

-ぎっくり腰
-

Copyright© 【東村山】肩こりめまいなら整体院コツリバ|重症の肩こりからくる頭痛もお任せください , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.