ぎっくり腰

ぎっくり腰にはボルタレン、ロキソニンどちらが有効?それぞれの違いや特徴を比較

鎮痛薬としてよく知られているボルタレン。

名前を知っている方は多いと思いますが、他の鎮痛薬を比べてどのような効果があるか知っている方はほとんどいません。

そしてぎっくり腰には本当に効果があるんでしょうか?

この記事ではロキソニンと比較し、どのような特徴があるかを解説していきます。

ぜひ、ご覧ください。

ボルタレンってどんな鎮痛薬?

ぎっくり腰によって痛みを感じる原因はプロスタグランジンという物質が体内で生成されるためです。

筋肉が異常に緊張したり、炎症を起こすことによってプロスタグランジンが発生してきます。

ボルタレンはこのプロスタグランジンの発生を抑制する鎮痛薬です。

ボルタレンはぎっくり腰以外にもさまざまな症状で使われます。代表的な適用症状は腰痛、関節リウマチ、変形性関節症、手術後・抜歯後の鎮痛、解熱です。

鎮痛薬として非常に有名であるため、ドラッグストアで販売されているほか、病院で使用されることもあります。

ボルタレンとロキソニンの違い

ボルタレンとロキソニンは同じ鎮痛薬ですが分類されるグループが異なります。

それぞれに配合されtりる成分が異なるので、分類上は

  • ボルタレンはフェニル酢酸系
  • ロキソニンはプロピオン酸系

として分けられています。

この2つは化学式が違うため、効き目や効力が異なります。

それぞれについて詳しく解説していきましょう。

即効性

ボルタレンよりもロキソニンの方が即効性が期待できます。

理由としては、ロキソニンの方が血中濃度の高まりが早いから。そのため、すぐに効果を出したい場合はロキソニンを選択すると良いでしょう。

持続性

持続時間はボルタレンとロキソニンは概ね同じです。

血液中に残る薬剤の濃度が半分になるまでの時間を測定すると、どちらにもほとんど差がなく同程度と言えます。

効果の強さ

ボルタレンの方が強い効果が期待できます。

しかし、どの程度効果が現れるかはその時の自身の状態に左右されるため一概には言えません。

同じ薬でも良く効く人もいれば効かない人もいるのです。

効果の強さ、感じ方はそれぞれ違ってきますが資料や医師の見解ではボルタレンの方が効果が強いとされています。

ボルタレンとロキソニンの副作用の違い

ボルタレンとロキソニンに添付されている文章を読み比べると、副作用の出現率に違いがみられます。

  • ボルタレンでは7.71%
  • ロキソニンでは3.03%

副作用の出現率が高いのはボルタレンです。

ちなみに一番多い副作用は消化器系の副作用。

粘膜を荒らす恐れがあるため、胃腸が弱い人は注意が必要です。

まとめ

ぎっくり腰にはどちらの鎮痛薬も有効と言えますが、痛みが強い時にはボルタレンを使用するといいでしょう。

効果が高く痛みを鎮痛できる可能性が高くなります。

しかし副作用が強く出る恐れがありますので、用法用量を必ず守りましょう。

-ぎっくり腰
-

Copyright© 肩こりなら東村山整体院コツリバ|口コミで人気・評判の予約がなかなか取れない整体院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.