肩を抑える女性

肩こり

五十肩・四十肩ってなに?原因や対策をわかりやすく解説します

五十肩とは50代前後で起こる肩に発生する痛みのこと。後述しますが、五十肩は正式な医学用語ではなく俗称です。

一度、五十肩になってしまうと半年から1年半程度痛みが続いてしまうと言われており、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

本記事では、五十肩の原因や治療法について解説していきます。

五十肩とは?関節に炎症が起こることで生じる慢性疾患

五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」といい、筋肉の損傷ではなく40代~50代に現れやすい関節の疾患です。肩関節に炎症が生じることによって痛みが生じます。

腕を上げようとする時に肩から腕にかけて痛みを感じるため、日常生活に大きな支障になってしまうことが多いです。

利き腕などに関係なく左右どちらの肩でも起こる可能性があり、片方が治った後に反対の肩が痛くなることもあります。ちなみに両方の肩が同時に痛くなることはめったにありません。

五十肩と似た症状で腱板損傷といって筋肉が傷ついたために痛むこともため、自分で判断することはせず早めに病院を受診することが大切です。

五十肩の原因

五十肩の原因は体と腕の骨を繋いでいる「腱板」という筋肉が炎症し、「関節包」という肩関節を包んでいる袋にまで炎症が広がる事で起こる疾患です。

40〜50代で起こることが非常に多いため筋肉や関節の柔軟性が低下だと言われていますが、実のところはっきりとした原因はわかっていません。

そのため、「これを行えば症状が楽になる」といった予防法が確立しないのが現状です。

五十肩の症状は?起こりやすい症状を一覧で紹介

五十肩の症状は腕を上にあげる動作などで痛みを感じます。それ以外にも痛みを感じる動作が多数あるため、症状を具体的にまとめました。

  • 髪をうしろで結ぶとき
  • 電車でつり革につかまるとき
  • 着替えをするときに
  • 夜中にズキズキ痛み寝れない
  • 洗濯物がうまく干せない
  • 背中側でエプロンの紐などが結べない
  • 洗髪ができない
  • 背中がかゆくてもかけない
  • 歯を磨くと肩や腕が痛い

痛みを感じるだけではなく、関節の動きが制限されることにより簡単な動きすら難しくなることもあるため、早めの対応が必要です。

五十肩の治療法

五十肩を改善させるためには肩関節の緊張をほぐし、痛みを緩和させることが重要です。特に運動療法や血行を良くするための温熱療法などが効果的と言われています。

肩が痛むからといってなるべく動かさないように生活をしていると、肩関節の可動域が狭くなり痛みが悪化する可能性もあります。そのため、痛みが辛いとは思いますが、無理のない範囲でなるべく肩を動かすようにしましょう。

また、五十肩では睡眠時の寝返りなどでも痛みが起こります。そのため、痛みによって睡眠不足になってしまうことも。睡眠時にタオルや抱き枕を使用すると痛みが緩和されることができるため、試してみることをおすすめします。

五十肩の詳しい治療法はこちらから紹介します。

まとめ

五十肩は肩回りの筋肉の問題ではなく関節全体の問題です。適切な対象せず、放置してしまうと痛みが長期間に残ってしまうこともあります。また、できるだけ早期に対処しないと今よりも治療費がかかってしまうこともあるでしょう。

なお、当院では五十肩の治療にも力を入れています。一人ひとりに対し合った適切な治療を行なうため、放置してしまうのと比べ早期の回復が期待できます。

予約をご希望の方は以下のボタンをクリックしてください。

 12月2日(水)までのご連絡の方限定特別ご招待

残り5名様 ⇒ 2名様

コツリバ_キャンペーン

東村山整体院コツリバ_電話予約

東村山整体院コツリバ_LINE予約東村山整体院コツリバ_ネット予約

-肩こり
-, , ,

Copyright© 肩こりなら東村山整体院コツリバ|口コミで人気・評判の予約がなかなか取れない整体院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.