椎間板ヘルニア 腰痛

椎間板ヘルニアの症状は進行する?手術の目安を詳しく解説

「腰椎椎間板ヘルニアの疑いがある」と言われ、「手術を受けなければならないの?」と不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

多くの腰椎椎間板ヘルニアは、軽度のうちにリハビリを開始すれば、手術をしなくても日常生活に支障がない程度まで回復することが可能です。

ただし症状が進行・悪化したり、症状が改善せず生活への影響が大きかったりする場合などは、手術が検討されます。

今回は腰椎椎間板ヘルニアの治療法と、手術が検討される症状の目安について解説します。

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、「椎間板」が本来あるべきところからはみ出し、神経を圧迫している状態のこと。

椎間板は骨と骨の間のクッションのような役割を担っており、腰や首にあります。

腰の椎間板でヘルニアが起これば「腰椎椎間板ヘルニア」、首なら「頸椎椎間板ヘルニア」です。

この記事では腰椎椎間板ヘルニアについて解説します。

腰椎椎間板ヘルニアは20~40代の男性に多く見られ、主な症状は痛みやしびれ、脚の動かしにくさなどです。

原因や症状のあらわれ方は人それぞれで、事故などをきっかけに急に症状が出る人もいれば、椎間板の老化とともに徐々に症状が出る人もいます。

また痛みの程度も人によって違い、激痛を感じる人もいれば、ヘルニアになっているのに痛みが出ず、全く気づかない人もいます。

椎間板ヘルニアで治療法

腰椎椎間板ヘルニアで強い痛みが出ている場合、まずコルセットなどを装着して安静にし、薬や注射で痛みを緩和します。

痛みがやや落ち着いてから、リハビリや物理療法へうつるのが一般的です。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリでは、筋肉をほぐし、腹筋や背筋を鍛えるストレッチなどを実施。

筋力がついて姿勢が改善されると、椎間板への負荷が減るため、ヘルニアの再発予防や進行抑止につながります。

リハビリと合わせて「椎間板への負担が少ない姿勢や動き方」の指導も受けるはずです。

また電気療法や温熱療法などの物理療法では、血行を改善してリハビリの効果を高めます。

実はリハビリや物理療法では、ヘルニア(椎間板のはみ出し)を完全に元に戻すことはできません。

それでもリハビリや物理療法を続けると、2~3ヶ月ほどでヘルニアは小さくなり、痛みやしびれなどの症状も治まってきます。

椎間板ヘルニアの手術の目安

多くの椎間板ヘルニアは自然に小さくなっていきますが、中には症状が進行・悪化するヘルニアも。

「3ヶ月以上リハビリや物理療法を行っても症状が改善せず日常生活に支障がある場合」あるいは「症状が進行・悪化している場合」には、手術が検討されます。

とくに「下半身の筋力低下・麻痺」「歩行が難しい」「尿が出にくい・漏れてしまう」といった症状がある場合には、緊急の手術が必要になる場合も。

すぐに症状を改善する必要がある人に対しても、手術が検討されます。

ヘルニアの手術には、背中をメスで切開してヘルニアを摘出するものや、内視鏡を使って摘出を行うものなど、さまざまな種類があります。

内視鏡での手術は身体への負担が少なくて済むのがメリットですが、実施できる医療機関が限られています。

一般的には手術にともない1週間程度の入院が必要ですが、内視鏡手術なら、日帰りが可能な病院・クリニックもあります。

まとめ

多くの椎間板ヘルニアは手術をすることなく、リハビリや物理療法で改善します。

しかし中には症状が進行・悪化して、手術をすることになるヘルニアも。

手術が検討される目安は、主に「リハビリを3ヶ月以上続けても、症状が改善しない」「日常生活に支障がある」。

緊急手術になる場合もあるので、「下半身の麻痺」「排尿障害」といった症状にはとくに注意が必要です。

-椎間板ヘルニア, 腰痛

Copyright© 【東村山】肩こりめまいなら整体院コツリバ|重症の肩こりからくる頭痛もお任せください , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.