眠れない女性

腰痛

腰痛を楽にする正しい寝方は?今日からできるおすすめの寝方3選

「寝ているときに腰痛がつらい・・・楽になる寝方はあるのだろうか?」「朝起きた時に腰が痛い。寝方が原因かな?」

寝ているときや朝起きた時に腰が痛いと憂鬱になりますよね。結論から言うと、腰痛がつらい場合が以下の3つの寝方がおすすめです。

    [box class="pink_box" title=""]

    • 膝の下にまくら入れて寝る
    • 抱き枕を使って寝る
    • 痛い方を上して寝る

    [/box]

    この記事では腰痛ががつらい時の寝方や、意外と知られていないマットレスの選び方を紹介します。

    腰痛を楽にするおすすめの寝方3選

    睡眠をとる外国人女性

    冒頭で紹介したように腰痛がつらい時におすすめの寝方は以下の3つです。

    [box class="pink_box" title=""]

    • 膝の下にまくら入れて寝る
    • 抱き枕を使って寝る
    • 痛い方を上して寝る

    [/box]

    ひとつずつ解説していきましょう。

    膝の下にまくら入れて寝る

    仰向けになった際に腰の痛みが出てしまう方は、膝の下にまくらを入れて寝ると楽になる場合があります。膝の下にまくらを入れて寝ることによって、腰の筋肉が緩み、痛みが出にくくなるからです。

    まくらがない場合は、クッションやタオルでもOK。仰向けになっているときに、膝が曲がっている状態になれば問題ありません。

    抱き枕を使って寝る

    寝ている女性

    抱き枕を使って寝ると、腰痛が楽になる可能性があります。抱き枕を使用することによって、腰にかかる負担を軽減できるからです。

    腰は体の中心。そのため寝ているときでも腕や下半身の重さによって、腰の筋肉がひっぱられて緊張してしまうことがあります。

    寝ているときに腕や下半身の重さを影響を受けないようにすることが大切です。抱き枕を使用する方法は腰の負担を軽減する最も簡単な方法のひとつ。ぜひ、やってみましょう。

    痛い方を上して寝る

    寝ているときに腰がつらい場合、痛い方を上にして寝てみましょう。

    痛い方を上にすることによって、腰にかかる負担が軽減できるため、筋肉の緊張が緩和。その結果、腰の痛みが楽になるかもしれません。

    逆に痛い方を下にすると、余計に症状が悪化する可能性があるため注意しましょう。

    マットレスも関係ある?硬いマットレスを使用すると腰痛に効果的

    ベッドのある寝室

    寝ているときに腰が痛いのは、マットレスが原因になっていることがあります。特に柔らかいマットレスを使用していると、寝返りをうまくうつことができず、腰の筋肉が緊張してしまうことも。

    マットレスの硬さによる腰への影響を表でまとめました。

    硬いマットレス 柔らかいマットレス
    寝返り 寝返りしやすい 寝返りしにくい

    このようにマットレスの硬さによって寝返りのうちやすさは異なります。

    もしも、朝起きた時に「寝た時と同じ姿勢」になっているとしたら、寝返りがうちづらいマットレスなのかもしれません。

    腰痛の寝方についてまとめ

    寝ているときに腰痛がつらい場合は、以下の3つを試してみましょう。

    [box class="pink_box" title=""]

    • 膝の下にまくら入れて寝る
    • 抱き枕を使って寝る
    • 痛い方を上して寝る

    [/box]

    どの方法も腰への負担を少なくするおすすめの方法です。

    また、上記3つの方法で楽にならない場合はマットレスが関係していることもあります。寝返りをうちやすいようにマットレスは比較的硬いものが良いでしょう。

    -腰痛
    -

    Copyright© 【東村山】肩こりめまいなら整体院コツリバ|重症の肩こりからくる頭痛もお任せください , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.