腰痛

くしゃみで起こる腰痛の治し方は?原因と対処法を徹底解説

口に手を中てる女性

「くしゃみが起こるたびに腰が痛い・・・」「くしゃみをしても腰が痛くならないようにしたい・・・」

くしゃみをするたびに腰が痛む方は意外と多いですよね。しかし、それにも関わらず適切な対処法がなかなかないのも事実。

そこでここでは

[box class="pink_box" title=""]

くしゃみによって起こる腰痛の原因と対策

[/box]

について、詳しく解説していきます。くしゃみによって起こる腰の痛みに悩んでいる方に役に立ち内容になっているため、ぜひご覧ください。

くしゃみによって起こる腰痛の原因は?腰回りの柔軟性が低下している可能性がある

くしゃみをするたびに腰痛が起こる場合は、腰回りの筋肉・関節などの柔軟性が低下し、腰に大きな負担がかかっている可能性があります。

ある研究によるとクッションの役割をする椎間板が超えられる限界値は340キロ。しかし、くしゃみをした際の力は350キロにも達すると言われています。

普段、ほとんどの方がくしゃみをしても腰痛が起こらないのは身体をうまく動かして体重を逃しているから。身体に様々なところに力を分散しているのです。

そのため、腰回りの筋肉や関節の柔軟性が低下している場合、うまく力を逃すことができないのです。

腰椎椎間板ヘルニアの可能性もある

前述したように、腰周りの柔軟性の低下によって起こるくしゃみによる腰痛。実は、腰椎椎間板ヘルニアを起こしていてもこのような痛みが発生する可能性があります。

腰椎椎間板ヘルニアの状態は、椎間板が破れダメージを受けている状態です。そのため、くしゃみによって大きな負担がかかると痛みが起こってしまうことがあるのです。

くしゃみによって起こる腰痛の対策・治し方

体操している女性

くしゃみによって起こる腰痛の対策は以下の2つに分類されます。

 

[box class="glay_box" title="ここにタイトル"]

  • 腰回りの柔軟性が低下しているケース
  • 腰椎椎間板ヘルニアのケース

 

[/box]

ひとつずつ解説していきます。

腰回りの柔軟性が低下しているケース

腰回りの柔軟性が低下しているケースでは、筋肉や関節の柔軟性を取り戻す必要があります。腰の柔軟性を取り戻すことによって、くしゃみの際にかかる負担を軽減することができるからです。

今日からできるおすすめの方法は以下のとおりです。

[box class="glay_box" title="ここにタイトル"]

  • ストレッチ
  • 腰を温める
  • ウォーキングなどの軽い運動を行なう

[/box]

これらをおこなうことによって、腰の柔軟性を向上させることができくしゃみをした際の腰痛を抑えることにつながるでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアのケース

椎間板ヘルニアの場合でも、腰回りの柔軟性を改善することによってくしゃみをした際の腰痛を軽減できる可能性があります。

以下の動画は腰椎椎間板ヘルニアでもおこなえる体操のため、ぜひ参考にしてください。

▼背骨の歪みをとる体操

▼背中の筋肉をスッキリさせる体操

また、上記の体操以外にも椎間板ヘルニアそのものの治療も必要です。腰椎椎間板ヘルニアを自分でケアするのは難しいので、専門家の力を借りることをおすすめします。

当院でも腰椎椎間板ヘルニアの施術可能であるため、ご希望の方はご連絡ください。

まとめ

くしゃみで起こる腰痛は腰回りの柔軟性が低下している場合と、腰椎椎間板ヘルニアであることが多いです。そのため、本記事に乗っている内容を参考に継続的なケアが必要。

一日で治ることが難しいかも知れませんが、少しずつ確実に良くしていきましょう。

-腰痛
-