肩こり

肩こり腕が上がらないのはなぜ?考えられる原因について解説します

「肩こりがひどくて腕が上がらない!」

「肩こりで肩が痛い!」

このような悩みを持つ方はたくさんおられますよね。

しかし、腕が上がらない症状はただの肩こりではない可能性が高いですよ。

なぜなら、肩こりが重症化することで腕を動かしづらくなることはあっても、肩が上がらなくなることはないからです。

つまり、肩こりとは別の疾患が隠れている可能性があります。

この記事では、肩が上がらなくなる代表的な肩の疾患と、肩が上がらなくなった時にとるべき行動について説明します。

肩が上がらなくなってお困りの方はぜひ参考にしてください。

肩が上がらなくなる代表的な疾患

肩こりに悩む女性

「肩こりでないのであれば原因はいったい何?」その疑問にお答えします。

肩が上がらなくなる代表的な疾患は以下のとおりです。

五十肩・四十肩

年齢を重ね40~50歳頃になると肩関節がスムーズに動かなくなり痛みが出やすい方が増えてきます。
このため、発症した年齢で五十肩や四十肩というように呼ばれます。

五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。

肩関節周囲炎は肩関節にある筋肉(腱板)や関節包など肩関節の周囲の組織になんらかの原因で炎症が起きたものです。

徐々に発症し運動制限が出ます。肩の運動がすべての方向で制限されることが特徴です。

特に肩をねじる動作の際に痛みが強いので、髪を結んだり、腰に手をもっていったりする動作が難しくなります。

腱板断裂

腱板とは、肩甲骨から上腕骨に付いている4つの筋肉の腱の部分のことです。

そして腱板断裂とは、その腱が部分的もしくは完全に切れてしまった状態を指します。

腱板は肩甲骨と上腕骨に挟まれているので、圧迫や摩擦がおこりやすく、年齢とともに傷んだり擦り切れたりしやすい部分です。

このため打撲など軽微な力で断裂がおきますし、ふつうに生活しているだけなのに断裂がおこることもあります。

腱板が切れると、肩の痛みが出現し自力では腕を上げることができなくなります。また、腕を動かした際にゴリゴリと音がするのも特徴のひとつです。

石灰沈着性腱板炎

腱板断裂とよく似た症状が出現するものに、石灰沈着性腱板炎というものがあります。

石灰沈着とは、年齢とともに腱が傷み、その傷んだところにカルシウムが沈着することです。

傷んだ腱板に石灰化がおこると激痛が出現し、自力で腕を動かすことができなくなります。これが石灰沈着性腱板炎です。

誘因無く急に発症するのも特徴のひとつです。

腱板断裂と異なるところは、断裂がおきているわけではなく、腱板の一部分が石のように固くなっているところです。

肩の上がらない症状はどこでみてもらえば良いのか?

肩こりがつらい女性

肩を自分の力で上げることができない場合は画像診断のできる整形外科を受診しましょう。

まず、レントゲンを撮影した後に診察を受けます。
石灰沈着性腱板炎であれば、レントゲンに石灰部分がはっきりと白く写ります。

診察の際に、肩が固まっているわけではないのに自力では腕を上げることができなかったり、肩を動かされたときにゴリゴリと音がしたりすれば腱板断裂が疑われます。

腱板断裂の可能性がある場合は、MRI検査か造影剤を関節に注入した後にレントゲンを撮影する関節造影検査を実施します。

これらの検査をしなければ腱が断裂しているかどうかわかりません。これらの特徴が見受けられない場合は、五十肩である可能性が高いです。

このように画像診断をしなければ、原因が分からず適切な治療方法を見つけることができません。

肩が上がらない症状が出たら、まずは整形外科を受診し画像診断をしてもらいましょう。

まとめ

肩が上がらなくなる症状は肩こりではない可能性が高いです。

肩が上がらなくなる代表的な疾患には五十肩・四十肩、腱板断裂、石灰沈着性腱板炎などがあります。
このような疾患は、整形外科で画像診断をしてもらわないと診断ができません。

自己判断で、放置したり無理なリハビリをおこなったりすると余計に症状を悪化させかねません。

肩が上がらなくなってお困りの方は、まずは整形外科を受診して画像診断をしてもらうことをおすすめします。

-肩こり

Copyright© 【東村山】肩こりめまいなら整体院コツリバ|重症の肩こりからくる頭痛もお任せください , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.